最近のテレビ事情についての考察と願い。

最近テレビを見る機会もずいぶん少なくなったなと感じます。日々の忙しさもありますが、生活と仕事に追われてなかなかゆっくりテレビを見る時間もないことは、はたして人生としてどうなのか?とも考えますが、忙しいからしょうがないかと半ばあきらめている今日この頃です。家に帰ると、たまにテレビがついていることがあります。その時はじっとテレビを見ているのですが、最近はどんなのが流行ってるんだろうとか興味の方が先になっています。

ざっと見の感想ですが、やっぱりお笑い芸人さんはたくさん出ていらっしゃいますね。やはり笑いにはみなさん飢えているのかなという印象を受けます。また、良く思うのが歌番組が増えましたね!これはとても良いことだと思います。テレビは時代の鏡で、景気などの市場の動向がストレートに反映されるメディアだと思います。その中で歌番組や、お笑い番組が増えるのは時代を明るくしようという様々な方々のニーズがあって、そうなっているのでしょう。個人的には、もっと名ドラマが増えて欲しいと思います。毎週録画したくなるような、名ドラマ。時代の流れすら変えてしまうような、そういうキラーなドラマがあるとうれしいです。ゆっくりテレビを眺めてコーヒーを飲めるような、落ち着いた暮らしをしたいものです。